バイアグラについて考える男性

バイアグラはなぜ有名なのでしょう。バイアグラはなぜ選ばれているのでしょう。バイアグラ以外にもたくさんの治療薬がありますが、代名詞とも言えるバイアグラについて考えていきましょう。

バイアグラのクエン酸シルディナフィルをチェックする

世界初のED治療薬として現在でも人気が高いバイアグラの中に含まれているのがクエン酸シルディナフィルであり、バイアグラがどんなものなのかを理解するためにもクエン酸シルディナフィルの事をチェックします。
まず、クエン酸シルディナフィルはEDに対してどのように効果があるのかについて説明をするためにも勃起の仕組みと合わせて説明をします。
男性が勃起をするのはペニスに直接刺激を与えたり、目や耳などの情報を元に性的な興奮をする事が原因となりますが、その際には神経を介してcGMPと呼ばれている物質が生成されています。
cGMPには血管を拡張させる作用があり、その効果で陰茎海綿体の中に大量の血液が送り込まれる事で勃起が促されます。
cGMPは生成した後に体内に存在しているPDE5と呼ばれている酵素により分解されるので、放っておくと勃起状態から元の状態へと戻っていくのです。
クエン酸シルディナフィルはそのPDE5に作用して阻害し、勃起力を強化してくれるという訳です。
バイアグラは性行為を行う1時間程度前に服用すると、その効果によって快適な性生活が出来るようになり、大体5時間程度はその状態が続きます。
ただ、服用する際に注意しなければならないのは食事の影響を受けやすいという事が挙げられます。
バイアグラを服用してクエン酸シルディナフィルが身体に作用するためには服用した後に体内に吸収されなければならず、食事をしてから服用すると胃や腸に食事の時に摂取した油の膜が出来る事によって吸収が妨げられてしまうのです。
そのためにしっかりと成分を身体に吸収させたいのであれば空腹時に服用するべきです。
食事をする必要がある場合は出来ればその前に服用し、食後でなければ無理ならば2時間程度は間を空けて服用した方が良いです。